出会い系アプリのサセ子・ビッチを落としまくるメールテクニック

出会い系アプリというものは、メール交換をして相手と交流を図っていくシステムです。

メールを上手に書いていく事で、相手をその気にさせていく事が可能であり、サセ子やビッチを落としてセックスをすることが可能となります。

文章を書くことが苦手な方でも、ツボを押さえることで相手を攻略することが可能となるでしょう。


1.メールは出会いの鍵

出会い系アプリを利用してメールのやりとりをすることができたら、セックスができるチャンスを得られたと考えても良いでしょう。

サセ子やビッチは、出会い系アプリを利用してオマンコを快楽に持っていきたいと考えています。サセ子やビッチとメッセージのやりとりが可能になったら、上手に相手の気持ちを盛り上げていく必要があるでしょう。

いくらセックスが目的だという場合でも、初めからあまり馴々しいというのは好まれない可能性があります。

これは、相手によっても変わってくるかもしれませんが、見知らぬ男性に親しすぎるような態度を取られてしまうと、良い印象を持たない女性の方が多くいたりします。

まずは様子見という事で、初めのうちは、敬語を利用していくほうが無難だと言えます。メール交換を続けていく事ができたら、徐々にフレンドリーなメッセージの書き方にしていくのも良いでしょう。

まずは、相手の態度を確認するために丁寧な言葉を使っていくようにしてみてください。相手側から、硬いのは嫌だといった反応があった場合には砕けた調子のメールの内容にすれば良いのです。


2.呼び捨て

メール交換が始まって相手の名前を呼ぶ時にはどうすれば良いか、これも女性によってまちまちな考えがあります。しかし、基本的に女性というのは下の名前で呼ばれることを好む方がほとんどだと思います。

メール交換を始めた相手が「愛美」という名前だとしたら、初めのうちは「愛美さん」と書いて行ってもいいのですが、メール交換が続くようだったら呼び捨てにするようにしても良いと思います。

親近感を覚えてくれますし、下の名前で呼ばれることに対して好意を示す女性が多いですから、効果が上がってくるはずです。

また、事前に名前をどのように呼べばいいか、これを確認しても良いかもしれません。ほとんどの女性は呼び捨ての方が良いと方が多くいると思います。

メールの交換を続けられたら、次第にボディタッチを連想させるようなキーワードを使っていくと良いでしょう。髪を撫でてみたいだとか、後ろからギュッと抱き締めてみたい、と言った言葉を使っていくのです。

自分の体に触れられていると言うことを連想させていく事で、徐々に気分を盛り上げていく事が可能となってきます。セフレを求めるサセ子やビッチな女性だから、より敏感にこのような反応を示してくれるのです。

出会い系アプリで上手にメール交換さえすれば、オマンコの穴に挿入することは可能となってくるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ