ビッチ女との最高のフェラ体験談

7f981c5e-s


ヤリマンビッチ女は多くの男性を経験していることもあり、また常に新しいセックススタイルやセックステクニックを研究していることもあり、フェラチオが非常に上手いといわれています。

そんなヤリマンビッチ女との最高のフェラ体験談はもちろん彼女達との出会いのきっかけについて紹介していきたいと思います。


1.ヤリマンビッチ女の生息地

フェラ好きのヤリマンビッチ女達は、18歳から20代、30代前半の主に若い女性であれば[pcmax_tx]、[yyc_tx]、[happy_tx]などの大手老舗出会い系サイト、30代以上の女性であれば[mint_tx]に多く存在しています。

これらの出会い系サイトの中から上手くヤリマンビッチ女を見つけて出会いに発展させることが一番簡単な出会い成功の方法となっています。

ヤリマンビッチ女達の大半がメンヘラ気質の女性なので大体の子に対して優しく接することをすれば、確実に会うことはもちろんセックスをさせてくれることに違いないでしょう。

また押しに弱いタイプの女性が多いのもビッチ女の特徴です。出会いに発展した、出会いのアポを取ることができたのであれば、少し強引にでも押してみましょう。

女性は男性の押しには弱く、魅力を感じるポイントなのです。

そのポイントを上手に使うことができれば確実なセックスへと発展させることは絶対的にできるものとなるでしょう。


2.最高のフェラ体験談

僕の最高のフェラ体験談は出会い系サイトの掲示板にて「フェラ練習したいです」と書き込んでいた女に連絡を取りはじめたことからはじまりました。

彼女は掲示板の自分の書き込みに写メをのせていたんですが、その写メも胸元を強調した完全にエロいビッチ女らしい写メで思わず興奮し、さっそくアポを取れるかの連絡を取りました。

連絡を送って数分後、彼女もかなり性欲が貯まっていたのでしょう。

すぐに連絡が返ってきて驚くことに待ち合わせ時間を1時間後の時間に設定し、出会って2時間以内に出会いに発展するということになりました。

そして待ち合わせ場所へと足を運ぶと少し華奢な28歳くらいの普通のおとなしそうな女の子が僕の方へ駆け寄り、「あの…フェラの方でしょうか?」と恥ずかしそうに訪ねてきました。

突然の言葉に少々驚きましたが、まぁ確かに今日の目的はそういうことだしと思い、笑顔でうなずき早速ホテルへと誘導しました。

しかし女性は、「まずは外でしたい」そういうと一目の少ない公園へと僕を連れ出し、公園のトイレで突然のフェラ。

かなり興奮したと同時に驚いた気持ちが隠せず動揺している僕に対して「すみません、舐めたくって舐めたくって」と泣きそうな顔でおねだりしてきた彼女に僕はもう「大丈夫だから舐めてね」と言い返すしかありませんでした。

そして彼女は僕のアソコを吸い付くように、そして玉を遊ぶかのように撫でながら激しくフェラを行いました。

僕は気持ちよすぎて最高のフェラだと彼女の口の中で果ててしまいました。

彼女は満足そうな顔で僕のものを飲み込むと「この後どうするか」と言ってきたので僕はホテルへ彼女を誘い、ホテルで今度はザーメンしてやろうと思いました。

そしてこの日は、ホテルで楽しい時間を3時間程過ごし帰宅しました。

彼女と別れ際に話を聞いたら、どうやら彼女は人妻で時間があまりなかったため、すぐにフェラをしたかったのだそう。

この世には面白いビッチ女もいるもんだと関心しながら最高の時間が過ごせたことを嬉しく思えた日でした。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ