ビッチギャルとのナンパセックス体験談

053s


見るからにヤリマンビッチ臭の漂うギャルをある日ナンパしました。

そんなヤリマンビッチギャルとのナンパセックス体験談を今回は紹介したいと思います。


1.驚きの再会

とある日、町を歩いていると今すぐにでもヤれそうなヤリマンビッチ臭の漂うギャルをみつけました。俺は思わずその子をすぐにナンパ。

しかし彼女は「ごめん、今待ち合わせ中だから今度にして」と俺を簡単にあしらい、冷めた感じで誰かを待っていました。

流石にショックが大きかった俺は「このショックを女で癒そう」と思い出会い系サイトで今すぐヤレそうなギャルを探すことにしました。

掲示板に「●●駅にいて暇なんで遊んでくれる人募集」と書き込むと5分後すぐにメッセージが届きました。

内容を確かめると「今ドタキャンされて暇になりました。ミニスカートで●●銅像の前にいるんですが会えませんか?」とのこと。

●●銅像から俺は徒歩1分程度の場所にいたのですぐにその場所に戻るとミニスカートの女性がたった一人…そうです、さっきナンパしたすぐにヤれそうなヤリマンビッチ臭の漂うギャルが立っていたのです。

俺はギャルに「もしかして●●ちゃん?」と聞いてみると「うそ!?私がいまメッセージ送った相手だったの?!」と驚きながらも少し嬉しそうな笑顔を見せてきました。

そしてその後、とりあえずご飯でも食べようということになり居酒屋へ移動、お酒も進みいい感じになってきたところで「それじゃこれからどうします?」の一言。

そうするとギャルは「そりゃ!一つしかないでしょ!」とのこと、流石出会い系サイト愛用者のヤリマンビッチ臭の漂うギャル、話が早いと思いながらラブホテルへと移動しました。


2.ギャルとのナンパセックス体験談

ナンパセックスといったら、少し今回の出会いは違うかもしれませんがそうといえばそのような感じの出会いだった感じもすると今でも思います。

ホテルへ移動後はギャルの激しいプレイに俺は驚くばかりで最高の気分を味わいました。

かなりの美人ギャルでしかもドMだったのでプレイ中に「首締めて」「噛み付いて」などのおねだり連発。

もちろん軽い言葉攻めだけでアソコが大洪水になる程の淫乱っぷりに大興奮でした。

極めつけには俺がシャワーを一緒に浴びているときに「俺パイパンが好きなんだよね」と言ったら目の前でアソコの毛を剃ってくれて「今したから…食べて?」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ